So-net無料ブログ作成
道志の森キャンプ場 ブログトップ

2017年、私もキャンプシーズン開幕 [道志の森キャンプ場]


行ってきました。道志の森キャンプ場。
 
私の2017年キャンプシーズンが開幕しました。
 
 2017031001.JPG
 
それも、贅沢にも、お休みをもらっての平日キャンプ。
 
2017031002.JPG 
 
時間帯が変われば
 
見慣れている道路の風景も、
 
まったく違うように見えてくるもんですね~。
 
2017031003.JPG 
 
東名高速道路から見た富士山。
 
2017031004.JPG 
 
小山から須走への県道151からみた富士山。
 
2017031005.JPG 
 
道の駅すばしり入り口付近からみた富士山。
 
道路の凍結が心配でしたが、籠坂峠は大丈夫でしたね。
 
凍結防止剤がたくさんまかれていたので、
 
後日、下回りをよく洗ってあげないとね(^-^;
 
2017031006.JPG 
 
オギノ山中湖店で、食材を調達するのですが、
 
開店まで、まだ時間があったので、湖畔のファミレスで休憩。
 
2017031007.JPG 
 
オギノ山中湖店の駐車場から見た富士山。
 
結局、富士山の全体をお姿を見ることはできませんでした。
 
またいつか見れるでしょう。
 
2017031008.JPG 
 
モタモタ~と買い物をしたので、
 
道志の森キャンプ場に着いたのは11:15頃。
 
2017031009.JPG 
 
近くのサイトで先客さんが一組いたようですが、
 
どうやら撤収作業中だったようです。
 
帰り際に、余った薪をいただいちゃいました。
 
2017031010.JPG 
 
この薪は、なかなか火が付かないから、
 
よく燃える薪と一緒に燃やして~と言ってました。
 
触ってみた感じ。。湿っている。。。こ、これは。。。
 
どれどれ(._.)、試しに。。
 
2017031012.JPG 
 
火が付く気配をまったく見せず。
 
手強い。。。ふつうなら諦めます。
 
1~2年かけて乾そうと考えるところですが、
 
2017031011.JPG 
 
なんかこう、一服している間に
 
燃えぬなら燃やしてしまえホトトギス
 
不条理な思考にスイッチが入ってしまったのです。 
 
そこで、強力助っ人に登場してもらいました。
 
この方です。
 
2017031013.JPG 
 
ザ・シチリン
 
通常は、バーベキューとかの調理に使うものですが、
 
持前の高効率な燃焼を促進してくれるこの七輪に託します。 
 
もちろん、湿った薪だけじゃどうにもなりません。
 
湿った薪を強力に温め、水分をふっと飛ばしてくれるような
 
熱源が必要になります。
 
よく乾いている手持ちのスギと広葉樹の薪をベースとします。
 
湿った薪の下で、勢いよく燃えるスギ。
 
その火で、じわりと燃え始める広葉樹。
 
がんとして火が付かなかった薪にも火が入るようになりました。
 
盛り過ぎ? 
 
ただ。。。 
 
2017031014.JPG 
 
。。。
 
御覧の通りの煙です。
 
風下にいたらきっと目がやられます。
 
回りに誰もいなかったのが幸いです。
 

 
 
 
 
 
誰もいない。。。そう、辺りには誰もいません。
 
広大なキャンプ場のどこかには誰かいそうな感じもしますが、
 
少なくとも自分の周辺には誰もいません。
 
おそらく完ソロ状態だったかも。
 
夕方になると、一気に気温が下がってきます。
 
2017031015.JPG 
 
20時頃には、マイナス2℃。
 
幕内では、石油ストーブ全開稼働しているのすが、
 
なかなか気温が上がりません。
 
2017031016.JPG 
 
原因はなんだろ。
 
幕がもともと換気性の高いメガホーンIIであることの他、
 
微妙な設営場所・状態で幕裾が浮くところがあって、
 
冷気が侵入しやすくなっていること。
 
冷気が入りやすいってことは、
 
められた空気がその分 抜けやすく なっているということ。 
 
メガホーンIIのトップ部だ。
 
いままで、薪スト使用時の煙突ポートをカスタムで入れてた。
 
その時のように、二重のトップにしていなかったからだ
 
。。。しまった。(;´Д`)
 
薪を燃やすことに気を取られて、石油ストーブの
 
ランニング確認をしていかった~。 
 
私のお粗末な寝具では、微妙に寒くて、なかなか寝つけられず。
 
この時期用にシェラフを真面目に考えよう。
 
2017031017.JPG 
 
次は、4月に入ってからだな~。
 
GWに入る前に出撃しようかな~と考えています。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

2016年ソロキャンプ5回目 道志の森 雨のち晴れ [道志の森キャンプ場]

今年のソロキャンプの5回目

前回に引き続き、今回も出だしから雨

前夜の天気予報で、雨が強く降るのは午前のうち

という感じだったので、午後は晴れることを期待してGo!

2016112001.JPG 

道志の森キャンプ場に到着

雨は小降りになってきたところを見計らって設営

それから管理棟に出向いて、料金の支払いを済ませた

2016112002.JPG 

いそいそと張って、こんな感じになった

2016112003.JPG 

この詰めの甘さが、のちのちにテントの出入りが苦労することに。。

テントとタープの間が隙間が空いてしまって、必要以上に

身を低くして出入りしなくてはならない。

とっとと張りなおせばいいのに、

ビールなんか飲み始めてしまってので、放置。。。orz

2016112004.JPG 

落ち葉がすごくて、風が吹くたびに、雨のように落ちてくる

さて、今回はニューアイテムを持参した。

それは、石油ストーブ

2016112005.JPG 

薪ストーブ石油ストーブ二刀流体制

前回の山伏で、薪ストの火が落ちた後の幕内の温度はどんどん下がり、

寒くて目が覚めてなかなか寝れないかったんだよな~。

シェラフをグレードアップする前に、石油ストーブ購入しました

一通り設置が終わり、落ち着いたところで、昼食

2016112007.JPG 

肉まんとピザマン

今回、初めて”蒸し”系をトライしてみた。

フライパンにクシャクシャにしたアルミ箔を敷き、

そのアルミ箔の下に水を適当にいれ

キッチンペーパーをかぶせて、ふたをして5分くらい

火を止めて2分くらい待っていただく。

なかなか、いい感じ。

他にシューマイを買ってあるので、あとでいただいた。

2016112008.JPG 

夜になって、ぐんと冷えてきた。

それまで、薪ストーブに火を入れていたんだけど、

このあたりから石油ストーブにバトンタッチ。

幕内の温度がどんどん上がる

一時は幕内20℃え、暑っ

2016112009.JPG

外に出てみると、それなりに寒い。

空を見上げると、星が出ている。お、晴れたぞ。

星がきれいだったので写真を撮ってみた(下の写真だと、わからない)

2016112010.JPG 

たぶん、おうし座のあたり

山伏のときのように、

寒くて目が覚めるということはなかった。

体内時計?で、自然と目が覚めた。

2016112011.JPG 

薪ストーブは、石油ストーブにバトンタッチしたあたりから

熾火状態になってて、夜中に完全に消化しているはず。

他に幕内の熱源は、ガス・ランタン。

それもガス欠で消えていた。

つまり、熱源は石油ストーブのみの状態。

燃費が気になったので、火力調整範囲で弱火にしておいた。

外気が0℃くらいで、幕内を14℃前後をキープ

暖かい感じはないけど、寒いということは無かった 

すんなりシェラフから出ることができた

2016112012.JPG 

焚火の燃え残りの薪は、七輪で完全燃焼させる

あ、陽が差してきた。7時半頃かな。

2016112013.JPG 

それから、の~んびりと撤収作業。

もう、使わない道具とか廃棄して、

もっと荷物をコンパクトにするようにしよう。

2016112014.JPG

もたもたと昼近くになって撤収作業が完了。

幕もタープも十分乾いていない状態なので、

どっかで早いうち乾かさないと。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016年、ソロキャンプ始動@道志の森 [道志の森キャンプ場]

日に日に増す日差しの力強さに、桜のシーズンが

近づいていること感じる。

DSCN0664.JPG

その一方で。。。。

目は痒いは、

鼻もムズ痒くて、時折くしゃみを連発するし、

鼻水は垂れてくるし、

喉もはし痒いし、

気休めに点鼻薬を買ってみたけど、鼻水に関しては、ちょっと効果がある模様。

さて。。

そんな陽気に誘われて、

昨日、お休みをいただいて、ソロキャンプへ。

始動です。2016年の初ソロキャンプ[ぴかぴか(新しい)]

行先をどうするか、悩んだけど、

天気予報もまずまずだし、出発するときの気温の感じから

道志みち方面に行ってみることにした。

道志みちでは、道路脇にところどろろ残雪の塊がある。

びびりながらも、路面は乾いているので、

行けるところまで行ってみようということで

ずんずん進む。

DSCN0606.JPG 

なんなく道志の森へ到着。

来れたね。道志の森。

DSCN0610.JPG

今回は、二つ新アイテムがある。

ひとつは新しいテント”メガホーンII”、

DSCN0621.JPG

もうひとつが、薪ストーブ”焚火の箱easy

DSCN0624.JPG

どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみ。

新テント”メガホーンII”

初めて張るけど、張ってみた感覚はタープそのものだね。

簡単だ。

風向きやサイト内導線に対して出入り口の面さえ意識しておけば

大きな間違いを起こすことはないだろう。

新薪ストーブ”焚火の箱easy”

一般的には、初火入れは幕の外で行って、塗料を焼き切る儀式があったり、

煙突の熱と断熱材の効果を確かめたりとかするんだろうけど、

焚火の箱は塗料は無し、

断熱材も、スペック的に、まぁまぁ大丈夫だろうということで、

そのまま実戦投入することにした。

このあたりのレポは別途することにしよう。

さすがに平日なので、周辺にぽつりぽつりとテントが見える。

道志の森は一部を除いて止水されているし、

トイレは仮設トイレのみなので、

土日に来ても、それほど混まないのかな?

夜になると、冷えてくる。

鍋をいただきました。

DSCN0635.JPG

翌朝の本日。今日もいい天気。

管理人さんが集金の時に、氷点下になるよ~って

言っていたけど、日が射してくるくると、気温はどんどん上がる。

気持ちのよい朝でした。

DSCN0654.JPG

こんな空気の中で、いただくコーヒーもうまい。

のんびりと撤収作業して、

紅椿の湯へ。

DSCN0683.JPG

道志の湯さんが休業中なので、こちらに来ました。

おぉ、JAF優待で100円引きですと!

えぇ、利用させていただきました。

ちょうどお昼になったので、

紅椿定食なるものをいただきました。

DSCN0682.JPG

身体も暖まり、満腹になったところで、

帰ろうと駐車場に。

ふと道志川に目を移すと、

いつもながら豊かな水量で流れている。

DSCN0686.JPG

水が澄んでいるな~。きれいだな~。

横浜市民として、うれしくなってきます。

次回は、いつソロキャンプに行こうか。4月に入ってからかな。

その頃は、もうちょっと遠くに行ってもいいかな。


開幕!秋冬ソロキャンプ 道志の森 2015 続き [道志の森キャンプ場]

 

二日目の朝。

天気予報の言うとおりとなりました。

テントをたたく雨音で目が覚めました。

15110201.JPG

あれ、昨日の夕方よりも気温が高い。

キャンドルヒーターはとうの昔に消えているし、

唯一の熱源は私の身体のみ。。

外の気温が高くなってるんだね。

15110202.JPG

すぐ起きれないので、しばし横になっている。

むむっ、インナーの天井に水滴を発見!

あぁ、たぶん縫い目から侵入したんだな。

15110203.JPG

インナーの出入り口のメッシュにも水滴が。。。

床を見てみると、部分的に濡れている。

浸み込んできているwww

着替えはマットの上においておいたので事なきを得たけど、

衣服が濡れていたら大変なことになっていたよ。

もう限界かもな~このテント。

買い替えるなら、もっと着替えのしやすいテントがいいな~。

15110204.JPG

外に出見ると、いい感じで水の流れを避けて設営できていた。ほっ。

 15110206.JPG

もし、中央寄りに設営していたら完全に床下浸水状態だったでしょう。

15110207.JPG

このサイトは全体的にこんな水の流れになるんだね。

15110208.JPG

次に来たときは変わっているかもしれないけど。

15110209.JPG

雨が小降りになるのを待って、撤収作業を開始。

15110210.JPG

私がもたもた~と作業しているすぐ近くの道は、次々に移動を開始した

方々の車が通り過ぎていく。早っ!

いや待てよ。みなさんがふつうで、私が遅いだけなのかも。

15110211.JPG

ようやく撤収作業が終了して、私も家に帰ることにします。

15110213.JPG

買える途中は、身体を暖めて、

15110214.JPG

おなかも空いたので、そば処吉野家で食事して、帰宅しました。

翌日は、よく晴れたので、しっぽり濡れた幕たちや道具たちを

全部出して、干しました。

15110301.JPG

こんだけ晴れて、気温も上がって、空気も乾燥すると、

さすがに乾きが早いですね。 薪はもっと乾燥させなきゃね~。

15110302.JPG

今回、動画も作ってみました。お時間のあるときにでも見てやってください。

「開幕!ソロ・キャンプ 2015 秋 道志の森」

どんな風なのが自分らしいのか、試行錯誤中です。

そのうち、これが自分のスタイルが見つかることでしょう。


開幕!秋冬ソロキャンプ 道志の森 2015 [道志の森キャンプ場]

 

開幕です!

私の、秋冬ソロキャンプ・シーズン !

出発の日は日曜日。4時半頃に起床。

車への荷物の積み込みの大半は、

昨日のうちに済ませておいたので、楽ちんです。

しっかり頭と身体を目覚めさせて、 5時半頃、イザ!出発。

冬目前の森へ!

15110101.JPG

日の出はもうちょっとですね。

いつもなら、R16をほ北上して、三ケ木から道志みちに入るルートなんですけどね。

今回は、早朝に出発できたし、御殿場の24h営業のスーパーを利用してみたいこともあって、

御殿場経由で山中湖の方からアプローチしてみました。

御殿場ICまで交通量はそれなりだけど渋滞はなかったですね。

15110102.JPG

着きました。マックスバリュー御殿場東田中店。

15110103.JPG

駐車場から富士山が見えるんですね。

 

店内に入って、いや、驚きました。品揃えに。店内も明るくて、いいですね。

気持ちよく買い物して、会計を7時半頃に済ませて出発。

その時間、富士山を姿がはっきり見えました。

15110104.JPG

そうだ。山中湖畔で富士山の写真を撮ってみようかと思い、

ちょっと寄り道をすることに。

富士山が見えるときに見とかないと、、、

15110105.JPG

山中湖畔についたけど、肝心の富士山は雲隠れ。

仕方がないので、とって返して、道志みちへ。

そうそう、を調達しておかないと。。

きこり」に寄ってみましたが、

15110106.JPG

見事に、、品切れ [もうやだ~(悲しい顔)]

気持ちを切り替えて、

ならば、道志の森に行く途中の工場前にも

薪の販売所があるのでそこに行ってみる。

行ってみるとおじさんがいたので尋ねてみる。

「薪 ありますか~?」

「あるよ~、何がいる~」

「杉と広葉樹を一束ずつ」

「二つ合わせて550円ね。」

「は~い」

これで無事に薪を調達することができました。

 

道志の森キャンプ場に到着してみると、昨日からのお泊りの方々なのかな。

 15110108.JPG

たくさんの幕が張られていました。

さすがに道志の森ですね~。

そういや、止水前のここに来たのは2回目。

一回目は今年のGW時で、大混雑で即座に退散しましたね。

二回目の今回は、日曜だし、たぶんこれから撤収にかかる方々がいそうなので

どこかしら張れるだろうな~と思って、昼ぐらいまでに張れればいいや~ぐらいの

気持ちで待機することにしました。

じっと待機していても、つまらないので、

設営場所の探索がてら、西沢沿いの林道を 少し 散策してみました。

15110109.JPG

15110111.JPG

途中、巨石を発見。これって転がってきてここに留まっているのか?

それとも、下から突き出ているのか?はてさて。

15110112.JPG

このキャンプ場って、どこまでがキャンプ場なんだろ。

途中、民家らしき建物が見えてきたので、引き返す。

途中、いくつか、よさげなサイトを見つけました。

最寄のトイレは、、、いずれも、仮設トイレ。

まだ止水されていないのだから、水洗トイレの近くがいいな~。

ということで、前回と同じ場所に設営することにしました。

ここです。

place.jpg

 15110114.JPG

設営時には、隣にも、隣の一段上のサイトにも幕が見えていたのですが、

気が付いたら、

15110115.JPG

ポツン状態になっていました。

15110116.JPG

少し、早い夕飯を食べて、

15110117.JPG

少しばかりお酒を飲んで、焚火をして、、、あ、今回使用したのは

前回の残り薪で、今日購入したのは結局使いませんでした。

よく乾燥させて、次回以降に使おうかと。

乾燥には最低6か月かかるとも1年かかるとも2年かかるとも

言われてますが。。。

今日買った薪は、乾燥期間はどれくらいなものか聞いておけばよかった。。。

翌朝は、雨音で目を覚ますことになりますが、

続きはまたアップしますね。

 

 

 

 

 

 


デイキャン@道志の森キャンプ場 [道志の森キャンプ場]

いよいよ明日は大晦日ですなー。

落ち着いた雰囲気で新年を迎えることができそうです。
去年の今頃は、仕事がうまくいかなくてバタバタしていたからね~。

ちょっとでもソロキャンの錬度を上げとこと思って、
道志の森キャンプ場へ行ってきました。
泊まってもよかったんだけど、13時過ぎくらいの時間で気温が1℃。
寒さ対策の装備も今一つだったのでディキャンとしました。

DSCN4106.JPG

昼飯をゆっくり食べて、、そそくさと撤収しました。(笑)
次回はいつごろ来れるかな~。

帰路の途中、夕飯をどうしようかな~と考えていたら、
大雄ラーメン向井町店へ行きたくなって直行。
お気に入りの「からしつけ麺」いただきました。
12/29から~1/3まで冬休みとのことなのでしばらくお預けだね。

DSCN4107.JPG

ラーメン二郎 中山駅前店 からメルマガが届く。
年末年始の営業の案内だ。年内は12/30の昼の部まで、年明けは1/5から。
14:30過ぎくらいに通りかかったら店の前に10人くらい並んでいたように見えた。
みなさん二郎の食べ納めに来ていたのかもね(笑)
こちらも、しばらくお預けだね。。

ソロキャンプ@道志の森~初冬~ [道志の森キャンプ場]


11月14日(金)~15(土)、ソロキャンプに行ってまりました。

場所は、道志の森キャンプ場。

DSCN3968.JPG

道志の森キャンプ場に向かう途中、
ダイエー津久井湖店に立ち寄って、食糧を調達。

DSCN3904.JPG

この時節は日中の時間が短いので、早めの行動をしておきたい。
そんな折、ここは朝8時から営業しているのでありがたい。
そして、青根のいのうえ商店に立ち寄って、薪を二束を調達。

DSCN3907.JPG

良いお天気。途中、ときおり顔を出す、富士山。
下の写真の中央に富士山の山頂付近が写っているのわかるかな~。

DSCN3909.JPG

道志の森キャンプ場に到着して、
よさげなところにテントを設営。

DSCN3917.JPG

寝床のセッティングも終了して、その他、こまごまと動いているうちに、
薄暗くなってきたので焚火を開始。
夕飯は、焼肉して、、、鍋をして、、、お酒を飲んで、、、本格的に眠くなる前に
片付けをして寝床に入る。生ごみはバケツ入れてフタをし、食材はすべてテントの中に収納。
去年、ほったらかしで寝たら、翌朝カラスに散らかされたことがあったからね。

DSCN3932.JPG

翌朝、5時頃に目が覚めたけど、暗くて寒いので、また寝て、
7時半頃に起床。気温は0.3℃。
テントやタープ、そして車も凍っていました。

DSCN3953.JPG

この焚火台がすごいというか。二束の薪を燃やして残ったカスはこれだけだよ。
焚火をしているあいだ灰を除いたことはしなかったし、
また焚火台の下に灰が落ちているということもなかったし、
なかなかのすぐれものだと思いました。

DSCN3946.JPG

年内にあと一回はソロキャンに行きたいかな~と思っているんだけど、
どこに行こうか。。。



DUNLOP ツーリングテント R-204 まだまだ使えます [道志の森キャンプ場]

行ってきました。道志の森キャンプ場

DSCN2774.JPG

ええ。私一人のソロキャンプ。

この時期のキャンプは初めてで、天気予報で

最低気温が0℃近くになっているのを見て、

「すっげぇ~、寒いんじゃ。。。」と、

着る服もシェラフもレイヤード

靴も滞在中テントの外ではずっとゴム長靴。

寒さ対策したので、

体感的にはそんなに寒さを感じなかったな。



写真の緑色のテントは、

十数年ぶりに出したツーリングテント、ダンロップ R-204

テントは今でも普通に使える。

気になっていた、結露だけど、

今回はフライシートの内側がべっちょり濡れてました。

インナーの内側には結露は特に無し。

DSCN2775.JPG

さて、先日、EPI Back-Pakkerの火力調整のツマミが

使用中に緩くなって調整がつかなくなるということで

エポキシ系接着剤で補修しました。

ちゃんと補修が出来ているかどうか、試してみて。。。

結果は良好です。補修は成功です。

写真のように鶏のから揚げの調理で使用。

ツマミは普通に使用できて、火力調整もできました。

なので、急遽購入したSOTOのストーブは今回は出番無しに。



11/13(水)よりキャンプ場内の水道設備で止水

水は管理棟の横にホースから出ている水を利用可でした。

水洗トイレは利用不可でしたが、仮設トイレが利用可でした。

水の設備が使えないことから通常より200円引きの料金でした。

DSCN2786.JPG

帰りは 道志の湯 に立ち寄り

身体をあっためて

家路につきました。


さて、次は来春かな。どこに行こうか。





道志の森キャンプ場 ブログトップ