So-net無料ブログ作成
検索選択
山伏オートキャンプ場 ブログトップ

山伏オートキャンプ場、紅葉はもうちょい先のようです [山伏オートキャンプ場]

 

雨が降るかどうか気になってたけど、

多少降っても小雨くらいだろう。

いいや。行っちゃえ~と出かけたものの、

途中の明神峠では、濃霧と雨。

峠の降りて、山中湖近くのパノラマ台で休憩。

あ~、やっぱり富士山は裾野しか見えない。残念。

遠くに晴れ間は見えて、天気は”大丈夫”と確信して、

キャンプ地へと向かう。

2016103001.JPG 

パノラマ台がどこにあるかというと、ココです。↓

2016103002.JPG 

ちょいと右にふると、

2016103003.JPG 

さらに、ふると、こんな感じで一望できます。

2016103004.JPG 

うーん、紅葉はまだまだこれからみたい。

今回のキャンプ場は、

山伏オートキャンプ場

初めての訪問になります。 

受付を済ませて、案内されたのはNo.12の区画

管理棟に近いところで、管理人さんには

ファミリに囲まれ難い場所をチョイスしてくれたのかな。

ありがたや。

漬物とゆで卵を馳走になりました。

No.12の区画はこんなところです。↓

2016103007.JPG 

2016103006.JPG 

この写真はほぼ北を向いて撮りました。 

2016103011.JPG 

こちらの写真は、東側。わかりずらいけど、道の左手に区画があります。 

ここ山伏オートキャンプ場の標高は1000mだと聞いています。

道志の森よりも高いところですが、色づき始めていますが、

紅葉ピークもうちょい先のようです。

---

今回のキャンプで試したかったことのひとつ。

自作煙突ポートの強化策の実践。

これです。↓

2016103008.JPG 

傘の生地を使っているので、裾が広がりやすく、風が吹くと

裾が幕内に落ちてしまうんですよね。

なので、ゴムバンドを作成してテンションかけるように裾を固定化したんです。

2016103009.JPG 

どうです?

2016103010.JPG 

見てくれはともかく、なかなかでしょ?

---

夜になると気温もぐっと下がってきます。

2016103012.JPG 

夕飯は、豆腐鍋。そして、

2016103014.JPG 

これは、鶏皮のネギみそ和え。今回初めてトライしてみました。

鶏の皮の一口サイズにカットして、フライパンに油を塗らずに

そのまま炒める。油がこれでもか!ってくらい出てくるので

キッチンペーパーで吸い取り、また炒めるを数回繰り返して

写真のようになります。今回はそのようにしてみたけど、

油で揚げちゃってもいいかもしれない。

その間に、長ネギのみじん切りを用意し、

出し入り味噌を混ぜる。

カリカリに焼いた鶏皮にネギみそをあえて

いただきます。。。。ん?もぐもぐ?。。ん?

うーん、なんか違う。味噌のパッケージをみたら酢味噌になってた。

酢味噌だと合わないのかな~。

。。。つまり、失敗 

失敗の心を癒そうと、焚火をはじめる。

2016103015.jpg 

焚火の火がいい感じになってきたところで、 

仕方がないので、幕内に引きこもり、

スナック菓子をつまみに

日本酒を ぬる燗 でいただきました。 

酔いが回ってきたところで、就寝。

---

夜中、2時ころだったと思うけど、寒くて目が覚めた。

薄着のまま寝袋に入ったもんだから寒い。

スウェットの着こんで 再び寝る。

そして6時ころに起床。

2016103016.JPG 

外気温は3℃。薪ストーブは完全に火が消えて冷え切ってしまっている。

今から薪ストに火を入れると撤収作業の支障をきたすので、外で再び焚火。

2016103017.JPG 

2016103018.JPG 

幕はびしょびしょに濡れてる。

これは、撤収に時間がかかるな。

ゆるりと撤収開始。

2016103019.JPG 

焚火の火はすべて七輪に移動。完全燃焼させる。

そして、撤収作業が完了。

2016103020.JPG 

この後、管理棟の寄って、区画の番号札を返却して、

退場しました。

2016103021.JPG 

帰りは、途中、御胎内温泉健康センターに立ち寄って

身体を暖める。

昼食は御殿場駅前の G麺ふじもり で

炎の赤富士ラーメン(中辛)

2016103022.jpg 

をいただく。うーん、大辛でもよかったかも。

そして無事に家に帰着しました。

おや!?

2016103023.JPG 

山伏の森は、こんなお土産を持たせてくれていたようです。[わーい(嬉しい顔)]

次はいつ行こうかな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


山伏オートキャンプ場 ブログトップ