So-net無料ブログ作成

PCX150(KF18) オイル交換 [PCX150]


我が PCX150(KF18)の走行距離も5000kmが過ぎ、


もう少しで6000kmにもなろうかというところで、


オイル交換をすることにしました。


かつてやっていたように、


これから自分でやることにしました。


整備代を節約にもなるしね。


そこで、今回とこの先に必要になる


交換用のドレインボルトとワッシャーを


調達しました。


2017100101.JPG



2017100102.JPG


そして、オイルの調達。


近所のバイク用品屋さんでセールをやっていて、


10%オフということなのですが、、、


別の用でホームセンターに言ったらそっちの方が安価だったw


2017100103.JPG


お、刻印がありますね。これは消費期限ではなくて


製造年月日ですね?


2017100104.JPG


さて、作業に入ります。


ドレインボルトの位置を確認します。

。。。ココですね?


2017100105.JPG


ボックスレンチも持っていますが、


今回は、締め付け感も確認しておきたくて


メガネレンチを使いました。


2017100106.JPG


エキパイが邪魔して、メガネレンチは


上の写真の矢印の方向からしか入りません。


ボックスレンチならば、高さが出るので干渉しないと思います。


2017100107.JPG

ドレインボルトは外して、オイルの抜いている間に


パーツクリーナーで清掃しておきます。


今回、ドレインボルトは使いまわしますが、


ワッシャーは交換しますよ~。


2017100108.JPG


ワッシャーはアルミ製ですね。


写真のように締め付け時に、つぶれてやんわりと


圧着するようにしているんですね。


なので、ワッシャーの使いまわしは避けた方がよいと考えます。


2017100109.JPG


オイルを抜くときは、センタースタンドがけのままにしておくと


廃油受けの配置が難しくなるので、サイドスタンドがけで行いました。


2017100110.JPG


車体がドレインと反対側に傾斜するので、


車体を起こしてオイルがドレイン穴側に流れるように


してあげなければいけません。


そうすると、抜け具合が見えなくなってしまいますので、


念のために用意しておいた鏡が役に立ちました。


2017100111.JPG


ドレインボルトの締めて、新品オイルの注入です。


これは、オイル缶購入時に無料で添付されてきた、、えっとなんだっけ?


じゃばらのノズル?



2017100112.JPG


そのノズルは使うつもりは無かったんだけど、


手持ちのロートがその場所に収まらなかったので、


使うことにしました。



2017100113.JPG


そのノズルの外径が大きくて、注入口に収まらない。


抑えながら注入する必要があるな。。。


それと手持ちのロートと組み合わせるとぐらつくし。。


2017100114.JPG


で、今回は、空きペットボトルを半分に切って


ノズルと接続して作業することにしました。


まぁ、これでなんとかなりました。


(次回は、もっと長いロートを買うか、

シリコンチューブを用意しようかなと考えています。)


2017100115.JPG


廃油パックに計量カップに余った新品オイルを


入れました。この色の違い。。。


そんなこんなで、オイル交換は無事終了です。






nice!(0)  コメント(0) 

初訪!ムサシさん(吉田うどん) [PCX150]

先週の話になりますが、


台風18号が過ぎ去った日に、


以前から行ってみたかった


吉田うどん


手打ちうどん ムサシ さんに初めて訪問してきました。(*'ω'*)


お店に立ち寄るにはまだ時間が早かったので


トイレ休憩がてら、立ち寄った公園にて撮影。


2017092301.JPG


いや~、天気よかったですね~。


富士山のお姿を久しぶりに拝見した気分です。


来月10月後半ぐらいには、冠雪した富士山を見れますかね~。




我のPCX150の走行距離も5000kmに達しました。


2017092302.JPG


ウィンドスクリーンとか、グリップヒータとか、トップボックスとか、


メッシュシートとか(笑)とか、いろいろ、装着しているくらいで、


基本的にノーマル仕様ですよん。


いじり始めると、沼に足を突っ込むことになりますので、


自制しています!


タイヤもフロント・リアともに 標準装備 の IRC SS-560 です。


5000km走行したところでの、減り具合はこんな感じ。


まず、フロント


2017092303.JPG


リアはこんな感じ。


2017092304.JPG


このタイヤ、


路面がドライな時は、


確かなグリップ感というのは感じないのですが、


常識的に走行している範囲では不安感はありません。


(非常識な走行( ゚Д゚)は、技量不足のため、できません)


ウェットな時も、同様ですね。


ただ、マンホールのフタ上は、


皆さん書いているように、滑りますね。特にリアタイヤ。


どんなタイヤだって、そういう状況では滑りやすいと思います。


ただね、


滑り方が他のタイヤよりも派手?というか少し大きいように思うのです。


無茶をしていなけば、


滑ってもアスファルトに掛かればグリップが戻りますし、


慌てることなけば、転倒することはなさそうです。


特徴はわかってきたけど、、、うーん、
正直、慣れそうにありません。(;´Д`)


スリップサインが出る前に、別のタイヤにするかもしれませんね。



タイヤのトレッドを、見ていて思ったんだけど、


ゴムがどうのこうのというより、溝が少なくないですか?


ミシュランのタイヤが良いという評判なので後日店頭で見てみたら


溝が多いですもん。



さて、クーラント液はどうか。


うむ、特に減っている様子はありません。


2017092305.JPG


ラジエータキャップの不具合で、ずっと解放状態で
クーラント液がどんどん減っていたことがありましたからね。

2017092306.JPG

そうそう、道志みち沿いの にいつ さん前にて。

水はまだ濁っていました。


手打ちうどん ムサシ さんの開店時間になったので、


公園から移動を始めます。先の公園から5分ぐらいだったかな。


注文したのはムサシうどん(大盛)。


2017092307.jpg


御覧の通り、野菜天ぷら油揚げワカメキャベツ


トッピングされてます。


味は、どうなんでしょ。これまで食べた中では、少し薄味?


極太でしっかり歯応えのある、、、これまで食べた中で一番コシがあるかも。


すりだねは色は鮮やかな赤色で、辛そうに見えるんだけど、


見た目よりは辛くありませんでしたね。


ご馳走様でした。



あー、普通盛にしておけば、よかった。






nice!(1)  コメント(0) 

PCX150洗車。。。むむ!何この汚れ!? [PCX150]


台風15号は、本州東海上を北上してくれて、


正午くらいから、気持ちよく晴れてくれましたね~。


秋の気配さえ感じる空気。


でも、また明日から残暑なんですかね~。


2017090201.JPG


せっかく気持ちの良い日なので、
バイクを洗車することにしました~。
洗車ついでに、タイヤチェック。
タイヤは前後とも純正の IRC SS-560 
もう走行距離は約5000kmです。


2017090202.JPG


フロントも


2017090203.JPG


リアタイヤも、


溝はたっぷりあります。


10000kmくらいは持ちそう?


このタイヤね。みなさん書かれているように、


路面がウェットコンディションの時、


マンホールや白線などのペイント上でにゅるっと滑ります。


ドライコンデイションでは、頑張るタイヤなのにね。


次のタイヤ交換時は、ミシュランかダンロップにしようかと。


タイヤに続いて、、、


むむ!なんじゃ、この汚れは!


2017090204.JPG


何かが滲みだして、埃が付着しているみたいだ。


このあたりで滲むものがあるとしたら、


トランスミッションオイルの滲み?


ドレインボルトから滲み出て、それが沿面を伝わって、


ドラムブレーキの方まで伝わる?


それにしては、あまり湿っている感じがしないような。


2017090205.JPG


それとも、単に


ブレーキシューのカスが付着しているだけ?


のようにも見える。


どうも確信が持てないので、ひとまず、


パーツクリーナーで、汚れを落として、


もうちょっと 様子を見てみる ことにしました。


他は目視確認上は、特に異常は確認されず。




nice!(0)  コメント(0) 

GIVI B37 ガタゴト音 対策試行中 その2 [PCX150]


PCX150 に取り付けた GIVI B37 ですが、


振動で発生するガタゴト音を抑えようと、


先週、ゴムマットを音の発生源と思われるところに差し込んでみたところ、


音は収まりました。


2017072306.JPG


ゴムマットに両面テープで貼り付けたんだけど、


2017072901.JPG


もともと表面がザラザラになっているのと、
ポリメイトを塗っていたせいもあるのかな、
きれいさっぱり、どこかに消えて無くなってしまいました(笑)


2017072902.JPG


音の発生源は見たところ上に写真のところ。


突起部分が汎用ベースの穴に差し込むんだけど、


その上下に隙間があるんですね。


2017072903.JPG


見た目、しっかり装着できているように見えるんだけど、


約1mmの隙間があって、振動発生時に、さっきの突起物の上下で


当たって音が発生していると推測しています。


その推測はおおむね当たっていると今回確信しました。


汎用ベースの穴回りを採寸して(かなりアバウトですが)


2017072904.JPG


今度は、振動でずれて外れないように、


ゴムマットを加工してみました。


2017072905.JPG


両面テープは仮止め程度に使い、ボックスを装着。


2017072906.JPG


ちょっと、マージンが少なくなったせいか、取り付けが

キツクなりましたが、問題なく装着できました。


ゴムマットは少しヨレヨレ感がありますが。。。


エンジンをかけて振動が出るように空ぶかしを

してみましたが、前回同様にガタゴト音は出なくなったのを

確認しました。


これで来週しばらく走ってみてどうか様子を見てみたいと思います。









GIVI B37 ガタゴト音 対策試行中 [PCX150]

今日は、おおむね午前中は曇り、

午後は曇りで一時的に雨がパラつくお天気。


なので、暑くて強い日差しは無く、比較的涼しい。

絶好のツーリング日和となりました。


とはいえ、午後は雨の心配があったので、

できるだけ午前中にと思い、

高速道路をフルに利用しました。


途中、トイレ休憩で立ち寄った、富士吉田富士散策公園

ここはあまり知名度が上がっていないのかな。

駐車場はいつも空いています。



2017072301.JPG


天気が良いと雄大な富士山をお姿を見ることができます。
いつか季節の良い時に
散策してみたいものです。
少し早めの昼食をとります。
4月に初訪問して以来、二度目の訪問となります。
「たけ川うどん」


2017072302.JPG


こちらのうどんは、初めて食べた時にも感じたけど、

トップレベルお店だと勝手ながらに思っています。

ワシは好きです!


肌寒いくらいの涼しさだったので

暖かい 肉うどん(大盛) + タマゴ をいただきました。

ごちそうさまでした。次回はつけ麺にしたいと思います。



料理と卓上調味料の写真は4月の時のものです。

2017043006.JPG


「すりだね」という辛い卓上調味料が、いい感じの辛さです。

入れすぎに注意ですよ~。


2017043005.JPG


さて、PCX150の話になりますが、

最近、トップボックスを装着したんです。


発進時の振動とか、ギャップを超えたときとか

ガタゴト音がするんですけど、いいかげん気になってきて、

様子を見てみたら、、、


2017072303.JPG


ベースキャリアとケースの間に1mmくらいの隙間が

できていて、どうやら振動時に当たって音が出ているようです。


2017072304.JPG


家にあった写真のゴムの厚さがちょうどよさそうだったので

スペーサーに使ってみました。

10mm幅にカットして、両面テープで

下の写真の赤丸のところと、その左側、左右対称の場所に

入れてみたんです。


2017072305.JPG


今回のツーリングの道中はガタゴト音はかな抑えられた。

家に帰ってきたところで、見てみると、外れかかっていました。


2017072306.JPG


もうちょっと工夫する必要があるようです。



今回のPCX150(KF18)の燃費

高速道路と一般道、8:2くらいの割合で、

53.3km/L

でした。通勤とツーリングを合わせた平均燃費は今回で

41.7km/L

となりました。



PCX150にGIVI B37 を取り付けてみた [PCX150]

先週の週末、我が愛車PCX150に、


2017071701.JPG


トップボックスって言うんですかね。箱つけちゃいました。


2017071702.JPG


ふんぱつして、GIVI B37 というものです。


家に届いたその荷物の大きさから、


でけぇ~の買っちゃかな~と思ったけど、


取り付けてみると、それほどでもない。


見た目のバランスはよろしいのではないでしょうか。


真後ろからは、こんな感じ。


2017071703.JPG


そして、斜め後ろからはこんな感じ。


2017071704.JPG


取り付けは、ほんとに簡単でしたね。


六角レンチ10mm スパナがそれぞれ一本ずつあればOKでした。


トップボックスの台座は、デイトナさんのスペシャルキャリアを介して


装着しています。


通勤に、ツーリング時に、いろいろ役にたってくれることでしょう。



----


先週の食べ歩きは、2軒、初めて訪問したお店があります。


ひとつめ。


旨辛タンタン麺 横浜鴨居店


どんなタンタン麺を出してくれるのか。


着丼してみると、


2017071707.jpg


こんな感じ。あ、ニュータンタン系なのね。


ワシの住まいから食べようと思ったら


菊名か片倉町まで足を延ばさなくてはいけませんが、


それより近いとこにできて、よかった。


美味しかったです。ごちそうさまでした。



ふたつめ


西海


最寄り駅は、東神奈川駅なのか、反町なのか、


長崎ちゃんぽん等を食べさせてくれるお店ですね。


リンガーハット以外食べたことがありませぬ。


今回は、やわらか太麺の 皿うどん をいただきました。


2017071705.jpg


熱々でボリューム満点。美味しいです~。


今度は、長崎ちゃんぽん か ちゃんぽん焼きそば を食べてみたいな。


2017071706.jpg


また来ますね~。






PCX150 標準タイヤ(IRC) 2500kmほど走って [PCX150]



愛車PCX150は純正装備のタイヤを使用してます。

納車時のまんまです。


走行距離は2500kmを超えたところ。

溝はまだまだあります。


2017052803.JPG


どれぐらいグリップしてくれるのかな~と、

恐る恐る試しています。


まだセンタースタンドを擦るとか領域まで達していませんが、

(そこまで行く技量がありませぬ)

乾いた路面であれば、グリップしてくれている感じですね。


2017052804.JPG


雨の日というか濡れた路面となると

途端に心細くなります。


2017052805.JPG


マンホールの上とかライン上とか滑りやすいのは、

どタイヤでもそうだろうと思うのですが、

このタイヤは露骨に滑る感があります。


でも、

普通に走行している分には、滑っても、

慌てて変なことしなければ

即、転倒ないかもです。


速度を落として走りなさいってことね~。


状況はいろいろですからね~。


2017052806.JPG


ワシは、このタイヤはPCXというパッケージの中で、

絶妙なバランスで作り上げられたタイヤだと思ってます。


きっと高燃費にも寄与していることでしょう。


2017052807.JPG


なんとなくなんですけどね。


決してふわふわするフロントではないんですけどね~

ワシはもうちょっと、フロントを重くしてもいいのかな~と思う。

いやいや、そんなものなのかな~。


このあたり強く意識し始めると、

どんだけの諭吉さんが飛ぶのか、末恐ろしくなってくるので

あまり考えないようにしよっと(笑)


2017052808.JPG


このタイヤのライフはどんなもんですかね~。

1万キロぐらいは持つかな~。


---


さて、普段使っているボールペンの字が薄くなってきたな~と

思って芯を見てみたらインクはまだ残っているみたい、、、


2017052801.JPG


ひっくり返してみたら、、


2017052802.JPG


やっぱりインクが無いのか~。





PCX150 エアスルーシート装着 [PCX150]

もうすぐ梅雨シーズンだけど、


晴れると暑ーい。


ツーリングはもとより、通勤の短い乗車時間でも


お尻も暑ーい。


2017052701.JPG


前の愛車FZ1 Fazerの時に味をしめてしまった

メッシュシート。


純正製品は無いようなので、

デイトナの汎用品エアスルーシートを購入しました。

購入自体は、2か月前くらいにしておいたのですが、

今回は取り付けをします。


2017052702.JPG


これがノーマルの状態のシート。


2017052703.JPG


これにエアスルーシートを取り付けます。


2017052704.JPG


わかりにくい写真だけど、エアスルーシート備え付けの

ゴム紐を付けたところ。これであってる?


2017052705.JPG


シートに取り付けてみたところ、

やはりこうなるよな。


2017052706.JPG


シート下にヘルメットを置いたときにはどうなる?

シートは閉まるかもしれないけど、閉める際の抵抗はあるだろうな~。


2017052707.JPG


取り付け完了しました。


2017052708.JPG


こんな感じです。


今日は取り付けだけ。


試乗は後日。


お尻が涼しいかどうか。


2017052709.JPG


せっかなので洗車をついでに。


2017052710.JPG


先週、雨の日も走っているので、下まわりはどろどろ。

きれいになりました。


ツーリングはいついけるかな~(´・ω・)





PCX150 ツーリング 忍野~山中湖~道志 [PCX150]

今日は朝から良いお天気[晴れ][晴れ][晴れ]
 
PCX150でお出かけだ~。 
 
外の空気は寒くない。。。
 
いや、暑くなるって天気予報で言ってたな。
 
思い切って夏ジャケットで行くか、、、うーん。
 
それとも、 冬ジャケットで行くか、、、うーん。
 
困った。中間のジャケットを持っていないんだよね~。[ふらふら]
 
冬ジャケットでベンチレーション全開で行くことにした。 
 
一般道だけで約2時間で、山中湖に到着。
 
富士山も、その雄大が姿を見せてくれ、、、ん?おや?[目][目][目] 
 
2017041601.JPG
 
なんだ、あのものすごい煙は。
 
2017041602.JPG 
 
むむっ!火柱が立っている。山火事!? [がく~(落胆した顔)]
 
いや、野焼き。。。だろう。
 
(家に帰って調べたら、「富士山北富士演習場の火入れ(野焼き)」だったことがわかりました。)
 
びっくりしたー 
 
2017041603.JPG 
 
昼食は、 忍野村の吉田うどんの「渡辺うどん」へ。
 
事前の調べでは11時に開店ということで、5分前くらいに到着。
 
でも、すでに食べ終わって店から出てくる方々が。。 
 
店内に入ってみると、ほぼ満席。相席させていただきました。
 
2017041604.JPG 
 
肉玉うどん(中)をいただきました。
 
全開、調子にのって大盛を頼んだら、苦しかったので(反省)
 
美味しゅうございました。 
 
2017041605.JPG 
 
食後、うどん屋さんから山中湖方面に戻ります。
 
途中、山中湖から見る姿とは少しちがう姿を見ることができますね!
 
そして、道志みちに入って帰路につきます。
 
貴純さんの近くでトイレ休憩。 
 
2017041606.JPG 
 
いままで気づいていなかったけど、橋がかかっていたんですね~。
 
橋の上から望む道志川と桜。なかなかのものです。
 
急に思い立って、久保キャンプ場に立ち寄ることにしました。 
 
2017041607.JPG 
 
初訪問です。
 
ブロガーさんやユーチューバーの方々の投稿から
 
ずっと気になっていた名物の坂道を体感しておきたく。 
 
斜度もさることながら、
 
道幅のイメージが今ひとつわからなかったので。
 
実際に通ってみると、斜度はおおよそイメージ通り。
 
道幅は思っていたより広かったですね。
 
管理人さんに言って場内を下見させていただきました。 
 
2017041608.JPG 
 
施設のことは、また改めて。。。 
 
今回、目を引いたのは、大きな岩たち。
 
そりゃ、道志川には大小の岩がごろごろしているけど、
 
近くでみると大きいものはほんとに大きい。(何言ってんだ?) 
 
そんな岩たちを利用したのでしょうか。立派な石垣です。 
 
2017041609.JPG 
 
場内には2種類の桜の木があるようですね。
 
写真の一番手前がソメイヨシノかな。
 
奥の色の濃いのは大山桜でしょうか?
 
そろそろ満開を迎えそうです。
 
 
初訪問にかかわらず、管理人さんから
 
おもてなしをいただきました。
 
ありがたいことです。
 
また近くにきたら、立ち寄ろうかなと思っています。 
 
キャンプではいつ来れるかな~。 
 
 
---
いやー、それにしてもPCX150燃費は良い。
 
今回、約201km走行して、消費した燃料は約3.75リットル。
 
53.6km/L
 
マジか。。[がく~(落胆した顔)]
 
それって、
 
カタログの定地走行の燃費52.9km/Lより良い数字じゃん。
 
一般道だけで。エコ運転なんて気にせず、
 
スポーツバイクについていくぐらいの気持ちで走って、
 
はたまた、途中、車につきあって渋滞にはまったりしたのに。
 
恐るべしPCX。 
 


PCX150 スロットル遊び調整 [PCX150]

ずっと、気になっていたスロットル遊び
 
ただでさえ、アクセル開度が広めなのに、
 
遊び量が多くて、右手首が疲れるだけでなく、
 
パーシャル状態にしたいときに、それが難しくなる。 
 
規定値は、確か2mm~6mmだったと思うけど、
 
それよりは、かなり多いと確信していました。
 
そうは思っていても、現認するまで
 
なかなか腰が上がらす。。。
 
そんなことはイカンと、確認してみたところ。。。 
 
2017041501.JPG
 
写真ではよくわからないと思うけど、
 
約15mmほどの遊びの量がありました。
 
ははん。こんなに遊びがあったのか。 
 
我がPCX150には、純正オプションのグリップヒータを付けているんだけど、
 
どなたかの書き込み によると、遊びのの量が多くなるとか。。。
 
それでかな。 
 
2017041503.JPG 
 
ハンドル側で調整できるので、早速、固定用ナットを緩めて
 
調整用ネットを締めていきます。
 
10mmのスパナ2本使いました。 
 
2017041502.JPG 
 
あまり締めすぎると、あまり遊び量を無くすと、
 
ハンドルを切った時にスロットルが戻らなくなると
 
聞いていたので、規定値の最大値の約6mmに調整してみました。
 
調整後、エンジンをかけてみて具合を見てみたけど、
 
実際はどうなのかは、明日、確認しよう。 
 
---
 
さて、ラジエータキャップを取り換えた後、1週間ほど乗ってみた。 
 
2017041504.JPG 
 
冷却液の量は、見てわかるような変化はなく、
 
ほとんど減っていないことを確認した。 
 
2017041505.JPG 
 
これも明日、再確認しよう。
 
 
では、今日はこのへんで。