So-net無料ブログ作成

木洩れ日 と せせらぎ と 梅雨明け [山伏オートキャンプ場]

梅雨明け


その便りは今回のキャンプ中に知りました。


2018062900.JPG


ここしばらく、お仕事を頑張ってきたので、

週間天気予報とにらめっこして(笑)

梅雨の合間の晴れ間と思い、

このタイミングを逃してたまるものかと

一日お休みいただいたのです。


その当日の朝、朝食というか半分昼食も兼ねて、

ラーメンショップ津久井店 にて 朝ラー をいただきました。


2018062901.JPG


ねぎつけ麺(普通盛)

酢とラー油?を効かせた汁は、

暑い時でも食が進みます。


2018062902.jpg


中盛でも行けたかな~。

ラーショって普通盛でも、ちょっと多く感じるしな~。


2018062903.JPG


マルエツ三ケ木店で、食料とお酒の調達。


このあと、気分良く、道志みちへ。

ところが青野原のあたりで、渓谷の先の方に見える白い霧状のものが。

ヘルメットのシールドに細かい粒が付き始める

軽い通り雨だろうと思っていたけど、月夜野から大渡のあたりまで

がっつり降られました。


暑かったのでちょうどよかった。。。かも。


2018062904.JPG


みちの駅道志に立ち寄って休憩。

通ってきた方面の空模様です。


下の写真がこれから向かう方面です。

2018062905.JPG


うーん、降られるかもしれない。

レインウェアを着るか。。。

いいや、すでにジャケット濡れているし、

レインウェア着ずにこのまま行こう。


チェックインまで時間があるので、

山中湖まで行ってみました。


2018062906.jpg


写真の中央は富士山なのですが、

すっかり雲がかかってしまっています。

っていうか、富士山より西側は雲がぶ厚いですよ。


せっかくなので、オギノ山中湖店に立ち寄り

小腹が空いたので巻き寿司のパックを買って、

キャンプ場に向かいます。


2018062907.JPG


チェックイン12時頃、着きました。

山伏オートキャンプ場です。

2年ぶりの2回目の訪問です。


管理人さんから、

ぼっちキャンプで静かなところと0番サイトを勧めれて、

行ってみました。


2018062908.JPG


確かに道志みちから一番離れた奥のサイト。

さっそく、メマトイ虫の歓迎を受けました(笑)

でも、この時間、陽当たりが良すぎ。

それと、トイレが遠いし、そこまでの足元も心許ないので、

管理人さんに相談して、25番サイトに決めました。


2018062909.JPG


やや狭いサイトですが、ぼっちキャンプならば十分広い。

サイト全体には小石の砂利が敷き詰められていて、

少々の雨が降っても、ぬかるむ心配はなさそうです。


2018062910.JPG


自分のサイトだけでなく、全体的に木洩れ日が気持ちいい。


2018062911.JPG


タープ&テントをサクッと設営。

このサイトの向こう側は、道志川が流れています。


2018062912.JPG


道志川の源流に近いところなので

川幅や水量から、大き目の沢のような感じです。

音も、せせらぎ という言葉はぴったりの音量で心地よいものです。


2018062913.JPG


ちょいと小腹が空いてきたので、

オギノ山中湖で買った、巻き寿司をいただきます。


2018062914.JPG


そして、管理人さんからいただいたお芋さんも

いただきました。美味しかった~ (*´ω`*)


気温は23℃くらい。

涼しいです。

ここは、道志みち沿いのキャンプ場の中で、

最も標高の高いところではないでしょうか?


2018062915.jpg


住まいの方はきっと30℃越えでしょう。


2018062916.JPG


とにかく木洩れ日の気持ちよいところですね~。

とりあえず雨の心配はないというか、この時、忘れてます(爆)


2018062917.JPG


焚火は、スモールサイズで楽しみました。

ワイルドウッドガスストーブを使って。

これの難点は、薪をこのサイズに合わせておく必要があること。

燃焼効率が大変良いのはこれまで書いてきた通りです。

灰が好きないのはそれでよいのですが、熾火ができにくく、

絶えず薪をくべる必要があります。お世話が大変なのです。


思ったのですが、、、

ふつうに焚火台と併用することでいいんじゃね?

と思い付きました。次回はそれで行こう。


お酒が回ったところで、

21時頃には床につきました。


川を挟んだ向こう側は、

道志みち R413 で、クルマはよく通るのですが

時折、やかましいクルマやバイクが通るものの、

崖の上になるので、音がダイレクトに伝わってこない感じなんですね。

うーん、平日の夜だしな~。週末はうるさいのかな~。どうでしょ。


2018063001.JPG


早い時間に寝たものですから、起きる時間も早いです。

5時頃に起床。


タープにも


2018063002.JPG


テントのフライシートにも


2018063003.JPG


バイクのトップケースにも

細かな水滴がついていました。

雨が降った様子はないので、朝露でしょう。


木洩れ日は良い反面、乾きにくいです。


空き缶と空き瓶は、キャンプ場で捨てることができます。

散歩がてらに、空き缶、空き瓶、そして灰を捨てに管理棟へ。

朝の道志川の上流側を撮影。


2018063004.JPG


大きな石がゴロゴロしていますね~。


2018063005.JPG


その大きな石には苔が生えていたり。

いつ頃からある石なんですかね~。

源流の近い上流だけど、こんな大きい石を転がしてくる水量の時もあるのかな~

それとも川岸の両サイドの崖から落ちてきたものなのかな~


大事な事を思い出しました。

コーヒー忘れた (;´Д`)

それだけのことなのですが、

朝食に対するモチベーションが下がり、

朝食抜きでだらだらと撤収作業をすることに。


2018063006.JPG


のんびり撤収作業しても、8時半には作業完了。

チェックアウトで、管理棟に立ち寄り、

サイト番号の記したお札を返却し、

キャンプ場を後にします。


2018063007.JPG


道の駅どうしに立ち寄って撮った写真です。

鳥ノ胸山ですね。

空色といい、夏本番ですね~。


早い梅雨明けで、気になったので

津久井湖に立ち寄ってみました。


2018063008.JPG


水はまだたっぷりあるように見えますが、

たぶん、8割ほどではないでしょうか?


さぁ、朝の気落ちを取り戻して、

朝ラーを食べるということで、

なぜかモチベーション全開状態となりました。


通り道の、ラーメンショップ麻溝台店に寄らせていただきました。

ここの、ネギつけ麺を初めていただきました。

ここは、やや汁の資質が多めの、、とろみのある汁なんですね!

美味しい~ (*´ω`*)


2018063009.jpg


気をよくして、帰路に就くも

暑さにダルくなってきたので

コンビニに立ち寄り、水分補給。


2018063010.jpg


そして、お昼頃に、無事帰宅。


今回のキャンプで一番警戒していたのは

虫たちです。


メマトイ虫の歓迎はあったものの、

吸血虫に会うこともなく、

(森林香は炊いていました)

平穏に過ごすことができました。


梅雨明けて夏本番となったということで

次のキャンプ活動は秋深くなるまで小休止です。

それまでは虫たちの邪魔はしません。

トンボたちが飛来する頃に再開ですよ~。


2018063011.JPG


バイクのトップケースは GIVI B37 というものです。

・ISUKA の パトロール600 、

・DUNLOP の キャンピングマット、

・シェラフインナー、

・レジャーシート

がギリギリ入る感じでした。

キャンピングマットがデカイんだよな~。


もっとコンパクトになるマットを探したいと思います。



あと、今回のキャンプで、密かに力を発揮してくれたのが

こちら ↓ 

2018063012.jpg


バイクの膝のプロテクターです。


グランドシートを敷いたり、物を整理したり、

膝を地面に着くケースが多々あるのすが、

こうしたプロテクターが無いと、

小石でも膝への当たり方によっては激痛が走ることがあります。

このプロテクターのおかげで、痛い思いをまったくせずに済みました。

次回も装着していこう。





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。